株式会社 安藤林業

安藤林業について | 岐阜県恵那市の林業は「株式会社 安藤林業」

安藤林業について

安藤林業の仕事

安藤林業とは

山林の所有者や森林組合、自治体などからの依頼で、山の手入れや木材の伐採、運搬から植林まで山林の管理に関するあらゆる作業を行っています。

特に架線集材というワイヤーを使って山から材木を降ろす作業は、幅広い知識と高度な操作技術が必要な作業です。

国土の7割を占める自然豊かな山々が私たちのワークフィールドです。 ただし、伐採作業ひとつとってみても環境や地形などの条件によりその作業内容は変わります。林業従事者は山での作業を知り尽くした、プロフェッショナル集団なのです。

林業の仕事サイクル

林業の仕事サイクル

成林
成林とは、地ごしらえから始まり、間伐までの作業を経て成長した木のことをいいます。
主伐
樹木が成長し、柱などに使用できるようになったら、樹木を適当な長さに切ります。
集材
造材された木を、林道や土木などの市場に運材するため、便利な場所まで集めます。
地ごしらえ
伐採後、植え付けをするために、散乱した伐採木の枝葉や残り木を取り除き、地面を整えます。
植え付け
苗木を一定の間隔で植える作業です。鹿などに捕食されることもあるので、たくさん植えます。
下刈り
雑草木に覆われ日光が当たらず、苗木の生育が妨げられるのを防ぐために、雑草木などを刈り払います。
除伐
育成したい樹種の成長を妨げるほかの樹種を伐る作業です。一般的に、下刈り終了後に数回行います。
枝打ち
節のない良質材を生産するため、下枝を切り落とす作業です。病虫害などを防止し、林内を明るくします。
間伐
樹木が成長し密集することで、お互いの生育妨げを防ぐため、一部の木を伐採し、成長促進と光環境を改善します。

未経験の方は、最初はチェーンソーの目立てや、重機や大型トラックに乗れるように練習するところから始めます。

その技術を身に着けるには、10年はかかると言われる架線集材

林業の仕事は、地ごしらえから集材までさまざまな作業があり、 私たちは、集材する際に「架線集材」という方法を取り入れています。

この架線集材とは、傾斜が大きく、重機などが入れない山林の樹木を伐採する時に使われる方法で、 ワイヤーの長さは約1㎞ほども対応でき、吊り下げて運ぶため、複雑な地形の場所での搬出作業に威力を発揮します。

ワイヤロープを空中に張り、組み立てた集材装置を使って材を集めるこの方法は、 ワイヤーを張る角度や位置など、長年の訓練や、経験がないとできない職人技でもあります。 地形が急峻で、道が少ない日本の森林では、この技術がとても必要ですが、できる人が少ないのが現状です。

その技術を身に着けるには、10年はかかると言われる架線集材。 私たちと一緒に、この技術を身に着け、日本の山を守っていきませんか?

  • 作業風景
  • 作業風景
  • 作業風景

活動地域

私たちが活動している地域を載せています。 岐阜県・長野県・愛知県を中心に、全国の山林で活動しております。 ここに載っていない地域の方も、ぜひお問い合わせください。

活動地域